Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2022100055 - 磁気センサ及び生体磁気計測装置

Office
Japan
Application Number 2020214191
Application Date 23.12.2020
Publication Number 2022100055
Publication Date 05.07.2022
Publication Kind A
IPC
A61B 5/05
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
5Measuring for diagnostic purposes; Identification of persons
05Measuring for diagnosis by means of electric currents or magnetic fields
G01R 33/02
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
RMEASURING ELECTRIC VARIABLES; MEASURING MAGNETIC VARIABLES
33Arrangements or instruments for measuring magnetic variables
02Measuring direction or magnitude of magnetic fields or magnetic flux
CPC
G01R 33/02
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
RMEASURING ELECTRIC VARIABLES; MEASURING MAGNETIC VARIABLES
33Arrangements or instruments for measuring magnetic variables
02Measuring direction or magnitude of magnetic fields or magnetic flux
A61B 5/05
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
5Measuring for diagnostic purposes
05Detecting, measuring or recording for diagnosis by means of electric currents or magnetic fields; Measuring using microwaves or radio waves 
Applicants 国立研究開発法人産業技術総合研究所
愛知製鋼株式会社
Inventors 秋田 一平
山本 道治
青山 均
河野 剛健
Agents 西澤 和純
大槻 真紀子
大浪 一徳
Title
(JA) 磁気センサ及び生体磁気計測装置
Abstract
(JA) 【課題】環境変化や製造ばらつきがある場合であっても、コストを増加させることなく同期検波のための最適なサンプリングタイミングを自動補正することが可能であり、かつ検出精度にすぐれた磁気センサ及び生体磁気計測装置を提供する。
【解決手段】外部磁界の作用により電磁気特性が変化する感磁体と、前記外部磁界に比例して誘起電圧が得られるように配置されるコイルと、前記コイルで発生する前記誘起電圧をサンプリングし、サンプリング電圧を得るサンプラと、前記サンプリング電圧に基づいて、前記感磁体を駆動する感磁体クロックの立ち上がりタイミングと、前記サンプラを駆動するサンプラクロックの立ち上がりタイミングとを相対的に調整する自動補正回路とを備えることを特徴とする磁気センサ。
【選択図】図1

Related patent documents